食器

2013年8月 7日 (水)

輪花(りんか)の菓子皿

Img_20130505_004213_2

パソコンに取り込んだ写真の整理をしていたら、作りかけの菓子皿の写真を見つけた!


確か白化粧までは済ませたので素焼きは上がっているはず
…すっかり忘れてしまっていました。
(ごめんなさい!まだ保管していてくれているかな?)

 『和菓子用にちょうど良い皿がなかなか見つからない。』

私の和菓子の先生がよく口にされる言葉です。

和菓子は季節ごとの風景などをデザインのものが多く彩りも豊かなので、装飾が多すぎたり色柄が鮮やかすぎる皿は不向きなのかもしれません。
シンプルで和菓子の質感の合う皿は、意外にありそうでなかなか見つからないけれど、
かといって、量産品の白い器では物足りない。

合わせる器の色はもちろんですが、意外に重要ポイントなのは「質感」。

器の光沢の有無は意外にお菓子の見栄えに大きく影響します。


個人的な意見としては、マットな陶器には大福などの素朴な餅菓子、光沢のある磁器やガラス器には錦玉羹など艶のあるお菓子、その中間の半磁器には練切などの上生菓子が基本的には合うように思います。(時には意外性のある組み合わせを楽しんだりもしますが)

写真の小皿は輪花皿と言われるものです。

輪花皿とは、碗や皿の口縁に規則的な刻みをつけたり、縦筋をつけたりして、花の形にした器形のこと。(参照:戸栗美術館公式ブログ

女性的なデザインの花型皿ですが、この菓子皿の様に小さめサイズの物なら、テーブルコーディネートも甘くなり過ぎず、他のお皿との重ね使いも楽しめると思います。

今回はお菓子の姿の邪魔にならない様、控えめにフチをくぼませました。
焼き上がったら改めてご紹介します!

| | コメント (0)

2012年4月26日 (木)

展示販売会のお知らせ♪

イマドキ野点ノススメ

Nec_0065




おかげさまで今春も展示販売会をさせて頂く事になりました。

今回はかなりのタイトスケジュールでキツかったけれど、ほぼ思い通りの仕上がりで嬉しい。
鮮やかなブルー系の茶器、植木鉢…まるで青空のかけらみたい!

お時間ありましたら、どうぞお立ち寄りください。

●会期:4/27(金)~5/17(木)

●会場:HANSEL&GRETEL ヘンゼル&グレーテル
(小田急線・成城学園前駅:成城コルティ2F)
http://hanselandgretel.jp/

| | コメント (0)

2011年4月27日 (水)

展示販売会のお知らせ

今回は、茶器+花器+植木鉢の展開です♪
Photo_2 

新緑の美しい季節になってきました。
そしてこの時期は…新茶の美味しい時期でもあります♪

今回は、『旅持ち茶器』という携帯用にも便利な茶器セットを中心に、器+花器+植木鉢の展開をさせて頂きます。
旅持ち茶器とは、宝瓶(ホウヒン)という取っ手の無い急須の中に湯呑が入れ子式に収まる茶器の事で、茶器一式がコンパクトに収納できるものです。

894_2Dscn2404











宝瓶は直接手に持つ為、本来は玉露など低温で淹れるお茶用茶器ですが、今回は専用ポットカバーなどの布小物セットもご用意しました。このポットカバーをお使い頂く事で、玉露より高い湯温で淹れる煎茶や紅茶もお楽しみ頂けます。

Mtcg01a 
また宝瓶はフタを外せば片口鉢にもなりますので、抹茶をたて、入れ子のミニコップに注ぎ分ければ お友達などと一緒にカプチーノ感覚でお茶を楽しむことも出来ますよ!

<ペットボトルや保温マグも便利でよいのですが…
せっかくの美しい新緑の中、お気に入りの茶器を携えて美味しいお茶の時間を楽しんでみませんか?

卓上庭園計画VOL.Ⅸ『イマドキ野点ノススメ』
●4月28日(木)~5月15日(日)
会場:
ライフスタイルショップ『HANSEL&GRETEL(ヘンゼル&グレーテル)』
     TEL:03-5429-2525

shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (4)

2010年5月15日 (土)

加藤恵津子 陶展

入谷のGalleria Acca・ガレリア アッカにて
Photo

インターネットで検索中、偶然見つけた 加藤恵津子さん陶芸教室『睦月』のホームページ。繊細でお洒落な作品の写真など拝見しながら、時々、心の洗濯をさせていただいていました。このたび、初めて東京での個展が開催されるとの事でしたので、早速出かけてきました♪

会場には想像通りの美しい器が…どれもみな大変丁寧に仕上げられ、色もデザインも優しく上品。残念ながらご本人にはお会いできませんでしたが、気に入ったタタラの小皿を購入しました。

翌日、和菓子教室『へちま』で教わったばかりの道明寺製のお菓子『青楓』をのせてみたら、ピッタリ!爽やかな初夏のお茶のテーブルになりました♪
658

      shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (0)

2009年10月30日 (金)

作品リスト(食器)

更新しました♪
287
先日終了した熊山工房へ出展した作品の写真UPしました。
よろしかったら是非ご覧になってください!

      shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

熊山工房5th Anniversary 企画展 無事終了♪

ご来場ありがとうございました!
Th 

約3週間にわたって開催された熊山工房5th Anniversary 企画展♪も本日無事終了!期間中はお忙しい中、大勢の方にいらしていただき 本当にありがとうございました。
Photo

      shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (0)

2009年9月25日 (金)

熊山工房5th Anniversary 企画展♪

久々の出展です
090925_123607
いつもお世話になっている代々木上原の熊山(ユウザン)工房さんが、この秋5周年を迎えるそうで、その記念企画に私の作品も出展させていただく事になりました。
今回は、夏の間 ひたすら作り続けた土瓶&ポットを中心に出品します。

展示期間中は、染物、織物、木彫り、コラージュ、とんぼ玉…様々なジャンルの作家さんにより、手間ひまかけて制作された作品たちが一堂に会し 楽しい催しになりそうです♪

ギャラリーの近くには日本民芸館、旧前田邸などの緑豊かな場所が多く、オシャレなレストランやカフェ、ギャラリーなどもアチコチにあるのでお散歩にも最適です♪
お時間ありましたら、ぜひお立ち寄りください。

◎5th Anniversary 企画展

会期:2009年10月2日(金) ~ 20日(火) 11:00~18:00(火・木曜休)
会場:熊山工房(ユウザンコウボウ)

   〒151-0064渋谷区上原3-22-7
    TEL:03-3460-7463
    ※小田急線:代々木上原・東北沢、井の頭線:駒場東大前 
      の各駅からとも徒歩8分
090925_142847

      shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (9)

2009年8月29日 (土)

土瓶&ポット

第一弾が完成しました♪
Photo_2

このところ何だかパソコンの調子が悪くて、すっかり更新がご無沙汰してしまっていましたが、やっと復活しました…ヤレヤレΣ(;・∀・)

さて夏の間 とりつかれた様に作り続けてきた土瓶&ポットの第一弾が完成♪
今回は黒泥や黒味影土といった、色の黒い粘土を使っているので色調はみんなモノトーンに仕上がっています。この後、土瓶タイプのものには、代々木上原の熊山工房でアケビのつるをつけてもらいます。楽しみ~(o^-^o)

たて続けに土瓶&ポットを作り続けたので、少しは要領を得てきましたが やっぱり面倒ですし、難しいです。何度繰り返しても、茶漉しや注ぎ口を付けるとき等は「こんな感じでよいのかな~???」と いまだに暗中模索状態です。

和菓子でも陶芸でもそうなのですが、何度も練習して作っているうちに手が覚えると言うか、何と言うか…上手に作れるようになってくると、作っている時の手の形や使い回しの様子が見ていて美しく感じられる様な気がします。
実際に上手な先輩方の様子を拝見すると、本当に無駄のない美しい手さばきなのです。
『習うより慣れろ』と言う事なのでしょうか?

…という訳で、私の土瓶&ポット作りも  to be continued …♪
277      278
10月に熊山工房で開催されるアニバーサリー企画展に、私の土瓶&ポットを出品させていただく事になりました。詳細は追ってご連絡します。

      shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (2)

2009年8月 4日 (火)

白化粧たわめ中鉢♪

転職&引越 した友だちへのプレゼント♪
Hati

少し時間がかかってしまったけれど、転職&引越祝いに頼まれていたサラダボウルが完成しました♪

出来上がり直径は7寸(約21cm)。
サラダはもちろん!煮物などにもちょうど使いやすいサイズだと思います。
私にしては珍しくおとなしいデザインかな???
黒御影(ミカゲ)という土を使い、内側だけに白化粧を施しました。

化粧掛けする際に外面にこぼれた化粧土をワザとふき取らず、模様として活かしてみたら、ちょうど良いアクセントになりました。化粧の濃淡も良い感じです。
ロクロ挽きしてから、すこしだけタワめたので、上から見ると楕円形なのです。


そうだ!大好きな料理本『だれか来る日のメニュー』(行正り香さん著)を同梱してあげよう!
新しい仕事は忙しくて大変そうだから、ちゃんとご飯たくさん食べて体力つけないとね!

      shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (3)

2009年7月24日 (金)

江間 廣 展

シンプルでモダンな作風に一目ぼれ♪
Photo

インターネットで探し物をしていて、偶然知った、長野県在住の作家:江間 廣さん
その渋く美しい色に焼きしまった作品は、地元長野産の本城土や染谷土、そして備前土などを用い、半地下式(大:12m深・小:6m深)の穴窯で'7~12日もかけて焼成されるのだそうです。渋谷の黒田陶苑で個展がある事を知り、2ヶ月ほど前から楽しみに待っていたのです♪

私が会場を訪れたのは、初日でしたので多数の作品が整然と並んでいました。

実を言うと 今まで私の中での備前焼のイメージは、何となく荒削りで男っぽいイメージが強すぎて敬遠しがちでした。でも江間さんの作品は、どれもシンプルでモダンなデザインで使い勝手が良さそうで、今までの備前焼に対するイメージを払拭してくれたのです。

そして 実物は想像通り、どれも皆 本当に格好良かった!!
嬉しくて、嬉しくてお店の方がお茶を出してくださったのに頂きもせず、ひとつずつ作品をジ~っと眺めていたら、ご本人が

「ずいぶん焼き物がお好きなんですね~。」

と声をかけてきてくださいました。(多分、相当変わった怪しい客に見えたに違いない!)

21912mもの穴窯を自力で掘ってしまう方とは思えない様な、とても優しい感じの方で、ひとつひとつの作品を丁寧に説明してくださいました♪
東京の大学を卒業後、10年ほどお勤めをされた会社を退職。備前陶芸センターで2年間陶芸の勉強をされた後、独学で作陶活動を続けられているとの事。私は全然存じ上げず大変失礼しましたが、帰宅後、略歴を拝見していたら、著名な方だとわかりました。
初めてお会いした方なのに いろんな事をお話できて、とても楽しい時間でした。是非一度、長野の陶房も訪ねてみたいな~♪


本当はいろいろ買いたい作品があったのですが、選びに選んで、染谷土の板皿5枚揃えを購入させて頂きました♪

さて、何を盛り付けようかな??
スティック野菜やチーズ、お刺身、焼き魚はもちろん!コースターを敷いてトレイ代わりにグラスやコップとお菓子や酒の肴もGOOD!

さてさて今日は、白餡にレモン果汁を加えた爽やか味のレモンロールと煎茶&レモングラスのアイスティーで…♪

      shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (0)

より以前の記事一覧