« 青柚子の冷製汁粉 | トップページ | 菊の外郎<ういろう> »

2013年8月24日 (土)

実りの秋の蒸し羊羹

Photo

昨日は24節季の処暑(しょしょ)でした。
24節気とは、節分を基準に1年を24等分して約15日ごとに分けた季節の事。
処暑は、立秋から数えて15日目頃の8月23日頃(2013年は8月23日)から白露(9月8日頃)までの期間を言うのだそうです。(参照:日本の文化いろは事典)

夏の暑さが和らぎ、萩の花が咲き、穀物が実り始める頃。
厳しい暑さの峠を越し、朝夕は涼風が吹き始め、秋の気配を感じ始める時期ですね。


という訳で(?)、秋のお菓子『実りの秋の蒸し羊羹』の試作をしてみました。


秋の人気のお菓子、栗蒸し羊羹を少しだけアレンジ。
自家製小豆全粒餡の羊羹生地に栗、手亡豆(白インゲン)、松の実、ラムレーズンなどを混ぜ込んでみたら、いろいろな味や食感が楽しい、風味豊かなお菓子が出来上がりました♪
コクのある風味は、アイスコーヒーや しっかりした味の紅茶、中国茶にも良く合いそう。比較的に作り方も簡単なので、秋の和菓子教室で ご紹介してみようかな?

私の作る小豆餡は、『全粒餡』と言って小豆の皮も余さず 茹で汁以外は全て餡として使い切ります。
最初は、豆の皮の食感がお菓子の舌触りを邪魔するのではないかと心配しました。
でも実際に作ってみると、思ったより ずっと滑らかで それどころか小豆の香りがとても良く感じられるので、個人的には かえってこちらの方が美味しいかな?と思っています。

和菓子は、餡作りなどの仕込みに時間がかかる事が多いのですが、手間ヒマかけても作りたくなるくらい手作りの餡は本当に美味しいのです。
だからやめられない!!(笑) 

 

|

« 青柚子の冷製汁粉 | トップページ | 菊の外郎<ういろう> »

コーヒー・お茶・お菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青柚子の冷製汁粉 | トップページ | 菊の外郎<ういろう> »