« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月29日 (火)

プチトマトの錦玉かん

赤くて甘いプチトマトを閉じ込めて…♪
Photo 

夏が旬のトマト! 最近はずいぶんと種類も増え、一年中目にすることが出来ますが、やっぱりこの時期は甘さ、みずみずしさが増し、 一段と美味しくなります。もちろんこのまま食べても充分美味しいのですが、今日は以前からずーっと作ってみたかった『プチトマトの錦玉かん』を作ってみました♪

錦玉かんは寒天に砂糖を加え、煮詰めて作ったゼリーの事で、中に果物や甘納豆など入れたり、色付けしたりして、型に流し込んで作ります。しっかり煮つめ、ゆっくり冷まし固めるので 透明感があり、とても美しいお菓子なんです。 ただ…個人的には結構甘いのと寒天が固くしっかりしているのが、実はどうも苦手でした。
でも、以前金塚春子先生著書『和菓子-野菜とフルーツがふんだん』で見かけた「トマト」と「甘い寒天」という組み合わせが大変興味深く、コレならおいしいかも?!と思った訳です。見た目もかわいらしかったですしね!Photo_6
結果は…センセーショナルで美味しかったです!
今回、私はミニフルーツトマトという比較的甘みの強い種類の物を使ったので気になりませんでしたが、もしトマト特有の青臭さが気になる様でしたら、バルサミコ酢と黒蜜を少しかけてみると良いかも!レモンでも良いかな? 是非お試しあれ!
ちなみに今回バルサミコ酢は近所のカルディで購入しました♪トマトだけでなく、果物との相性が良さそうなので、いろいろ使えそうです。黒みつとのコンビネーションも良好♪

      shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

植木鉢と植物の関係

室内でグリーンを楽しむには・・・?
Photo
1年中 陶芸で私が植木鉢を作っている事もあり、我が家には部屋中いたるところに植物が飾ってあります♪
卓上に飾る様な小さな物から、天井に枝が届くほど大きな物までと、その大きさも種類も様々です。週末には、ベランダの植物たちも含め水遣りがてらのメンテナンスに1時間以上かかることも!!
おかげで、かなりバッチリ日焼け止め対策をしていても、週明けに友人から「海かどこかに出かけたの? 焼けたねー!」と言われることもしばしばです(笑)
そういう訳で、夏の間は真夜中にベランダ等で水遣りをしたりする事も多く、近所からはかなり怪しい人と思われているに違いありません!!

◎鉢と植物の組み合わせを考える時に注意している事

Photo_2
①植物の成長していく姿に合った鉢を選びます♪

高さが増していくもの、枝や葉が広がっていくもの、垂れ下がっていくもの・・・植物の種類によって成長の仕方もそれぞれ異なります。
なので、こうした成長パターンを念頭に植栽を選びます。
もし成長パターンがわからない植物があったら、必ず信頼できる植栽屋さん等の専門家に聞く様にしています。

②小さな鉢植えは水遣りと日照条件が置き場所の環境に合った植栽を選びます♪
外出時、特に夏の室内の暑さは植物にかなりのダメージを与えます。
小さな鉢の場合、土の量が少ない分 部屋の暑さ、湿気などの影響をまともに受けます。自動的に水遣りをする装置も売られている様ですが、旅行等で長く外出する場合は熱気や通風対策も考え、直射日光の当たらない床、廊下等 なるべく風通しが良く、高さの低い場所に移したりします。

外出がちな我が家の場合、比較的水遣りを頻繁に行わなくても良くて、丈夫な多肉植物類が大半を占めています。(もともと私が多肉植物好きという事もあるのです・・・時々コケ玉とかミニ盆栽等にも惹かれるのですが、室内環境が不向きなのでガマンします!)

さぁ!皆さんもご一緒に室内ジャングル化計画に参加しませんか?!

      shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

黒ごまプリン

新作の器を使って・・・♪
Photo

ここ何年か黒いお菓子がブームの模様です。
黒いおたべ、お饅頭、ポッキー、パン・・・竹炭パウダーや黒ゴマを使った真っ黒な食べ物はインパクトが強烈!! 少し前まで黒い食べ物といえば、イカ墨とか海苔とかくらいだった様な気が・・・(笑)
竹炭は特に味も香りもしませんが、黒ゴマはきな粉同様に風味が良く、味にコクが出るので大好きです♪

ちょうど今週、新作の高台付きカップが焼き上がったばかりだったので、今日は黒ゴマプリンの器に使ってみました!
高台付きカップは、ワイングラスのステムの部分の様に、少し高めの脚が付いていて、同じモノを盛り付けても少しオシャレな感じになります。もちろん飲み物用のコップとしても使えるので用途は広いんですよ。

今回は、器もお菓子もモノトーンで統一。
ちょっと大人の雰囲気の夏のデザートになりました♪
簡単なので皆さんもぜひ作ってみてください! おいしいよ~♪

●黒ゴマプリンの作り方
①鍋に大さじ6の水、粉ゼラチン7gを入れ、弱火で煮とかす。
黒ゴマペースト(蜂蜜入り)大さじ3、砂糖大さじ2を加え、良く混ぜる。
③牛乳カップ2を加え、良く混ざったら型に流し込んで、冷やし固める。
※ゴマは沈殿しやすいので、型に流し入れる時は手際よく!

      shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

夏の夜空★

キレイな月夜の晩♪
Photo_4
日中あんなに蒸し暑かったのに、夕方になると涼しい風が・・・。
おまけに今日は大きくて丸い月がキレイです。
せっかくなのでベランダで しばし星空を眺める事にしました♪

最初、東の空に現れた時はドヨ~ンと鈍いオレンジ色をしていた月も、上空に上がるにつれ、見る見るうちに銀色に光りだしました。
最初からずーっと気になっていたのですが、月に寄り添うように小さな星が傍らで光っていて、何ともほほえましい感じ。
後で教えてもらったら、その星の正体は土星との事でした。

先ほど 月と星が光っていると書きましたが、実際には太陽に照らされているんですよね?・・・不思議です。まるで自分の意志で光り輝いている様にしか見えないのに、照らしてもらっているなんて!
人間だって同じです。周りの誰かに照らしてもらっているんですよね?
謙虚に感謝して生きないとね!

Photo という事で、
今日は星空見物につきあってくれたウチの夜犬ボスの写真で〆たいと思います。(目がコワすぎ!)

shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
  クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

葛きり風デザート・グレープフルーツシロップ添え

カタチ変われば食感も・・・♪
Photo

以前 京都に行って葛きりを食べた時、あらゆる意味で呑み込みの悪い私は「何て噛み切りにくい食べ物なんだー!!」と食べるのに苦労した事があります(笑) 
後で聞いた話ですが、葛きりは つるんと呑み込んだ時の喉ごしを楽しむものなんだそうな・・・うーん、個人的には ところてんの食感の方が好きかなー???関東人だしー???(意味不明)??
それで今日は別にリベンジという訳ではないのですが、水まんじゅうの素(露草)を使った「なんちゃって葛きり」を作ってみました♪

いつも通りに水まんじゅうの生地を作り、金属バットに薄~く平らに流し込んで、固まったら きしめんみたいに切るだけ!
今日はグレープフルーツ(ホワイト)のシロップを仕上げにかけてみました。シロップはグレープフルーツの実をほぐし、グラニュー糖をまぶし、4-5分レンジにかけた後、冷蔵庫で冷やすだけ!

同じ素材でもカタチが変わると、食感、味まで変わるので楽しいですよ♪
ちなみにトッピングの緑色の粉は、青海苔ではなく青柚子の皮をおろしたものです。いくら ところてん好きでも そこまではねぇ・・・。 

      shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

和菓子教室

夏の冷たいデザート3種♪ 
Photo_13Photo_14Photo_15

今日は、月に一度の和菓子教室(へちま)のレッスン日。
夏にピッタリの冷たくて美味しいデザート3種(やわ寒天のプルーン添え、れんこん餅、葛入り青柚子しるこ)を教わりました♪
確かに練切など季節の生菓子も見ていて楽しいですが、やっぱり蒸し暑い時には冷た~く冷やしたお菓子が一番ですよねー!!

「やわ寒天のプルーン添え」はドライプルーンを赤ワインと砂糖で煮て冷たく冷やし、柔らかめに作った寒天にかけて頂きます♪
サングリア風にオレンジ等のカットフルーツをのせても良いかも?

「れんこん餅」はフードプロセッサーで攪拌したれんこんと黒糖、きび砂糖やれんこん粉(無ければわらび粉)等を鍋で練りながら煮つめ、流し缶で冷やし固めたものです♪
仕上げに こがしきな粉をかけますが、ちょうど わらび餅にれんこんのシャリシャリした食感が加わった感じで美味しかったです!

「葛入り青柚子しるこ」は、葛を練り上げて冷やし、白玉くらいの大きさのお団子にした物に すりおろした青柚子の皮を混ぜた白餡仕立ての冷たいお汁粉をかけて頂きます♪
青柚子の香りが爽やかで冷たい白餡との組み合わせが絶妙!
今までに無い美味しさでした。

いずれも甲乙つけがたい美味しさ。
早速この夏試してみようと思います。
ちなみに今回のこれらのデザートの共通テーマは『大人のデザート』だそうです♪まだまだ大人になりきれない私には解せないものが若干ありますが(笑)・・・・・兎にも角にも 和菓子の新しい可能性というか、奥深さを知った気がしました。  いやぁー!!美味しかったなー♪

      shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

笹巻き水羊羹

七夕なので・・・
230
笹の葉さらさら・・・
さすがに短冊に願い事は書きませんでしたが、笹の葉で作ったカップに水羊羹を流し入れ、笹巻き水ようかんを作りました♪

普通に型に流し入れても良かったのですが、こうして笹の葉カップに入れて作った方が
夏らしくてキレイですし、何より笹の葉のいい香りを楽しむことが出来ます。
笹の葉の水煮は、クオカ富澤商店などで購入できます。
もちろん手作りでなく、市販のお菓子に添えても良いと思います。お菓子
だけでなくお料理に添えたりしても、爽やかな風情を楽しめると思います。

この水羊羹の作り方は松井ミチルさん著『ほんのひと口、しあわせ和菓子』を参照しました。笹の葉カップの作り方も載っています♪

      shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

サボテンの花

夏に向かって続々と開花中!
Photo

梅雨の合間の中休み、真夏のような日差しと暑さですっかり気を良くしたのか、ベランダのサボテンが花盛り♪

上の写真は、柱サボテンという種類のサボテンです。
雪が降る 日本の冬でも屋外で育てる事が可能で、高さ10メートル程まで育つ事が出来ます。
我が家の柱サボテンは今年初めて蕾をつけました。左右のまだ咲いていない蕾がまるで両手を広げ、夏の到来を待っている様な感じに見えませんか?かわいいなー♪

実はコレ 2-3年前、近所にお住まいの方に頂いた枝を挿し木したものなんです。その方と面識は無かったのですが、夕方 突然ショッピングカートにサボテンの枝をゴロッと入れていらして「突然のことで申し訳ありませんが、ウチのサボテンの枝をもらっていただけないでしょうか?実は・・・・・」
当時お住まいの建て替えをするので ご自宅のサボテンを撤去しなければならず、それでは忍びないと困っていらしたところ、ベランダにワサワサとサボテンを生やしている家を発見、一声掛けてみたという事でした。

こうして 巨大化した後先の事も考えず、素直に喜んで受け取り育てている私ですが、時々この先どうしよう?という不安がよぎります(笑)
ま、何とかなるさ!

       shineブログランキング(2ヵ所)に参加していますshine
        ファイブスタイル ブログランキング にほんブログ村 インテリアブログへ
           ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑ ↑
           クリックで
応援よろしくお願いします happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »